memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
# まほろ駅前番外地
評価:
三浦 しをん
文藝春秋
¥ 1,575
(2009-10)

内容(「BOOK」データベースより)
第135回直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』での愉快な奴らが帰ってきた。多田・行天の物語とともに、星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリーを収録。


これを期に、是非まほろを映画化してほしい。
多行フラグの乱立に動揺した。行天がいちいちかわいい。二人が喧嘩しててもただの痴話喧嘩に見える。さすがしをんさんやってくれるなあ。ものすごく失礼かもしれないけど、多田×行天の良質な二次創作を読んでいるような気分になった。
「行天は…(中略)…『ほら、抜いて』と低くささやいた。」が性的な意味に見えて勝手にどきどきした。多田にささやいたらいいと思うよ。

↓感想ほとんどネタバレ。しかも長い。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 三浦しをん |
# 極め道―爆裂エッセイ
内容(「BOOK」データベースより)「ブス」通りすがりの男に言われて許せる?マッチョかつ知性派、理想の男は今いずこ!みんなご飯は「ヘツって」食べるでしょう?レジもトイレも基本は一列並びの早い者順!キスするときって、おめめパッチリなわけ?―普通に生活していても、感じることは無限大。ぜんぶ言葉にしてみたら、こんな感じになりました。注目の新人作家、エッセイ第1弾。


しをんさんがまだばりばりの新人(?)のときに書いたエッセイ。おもしろかったよー
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 三浦しをん |
# しをんのしおり
評価:
三浦 しをん
新潮社
¥ 460
(2005-10)

若干活字に対して食傷気味になっていたような気がするので(『絢爛たる屍』を読んで疲れただけかもしれない)、いい気分転換になりました。
しをんさんもオタクで腐女子で妄想家なので、共感できて笑えておもしろい。
高倉健さんの妄想は笑いました。そんな健さん、惚れてしまいます。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 三浦しをん |
# まほろ駅前多田便利軒
評価:
三浦 しをん
文藝春秋
¥ 570
(2009-01-09)

「幸福は再生する」
気が向いたので再読。
やっぱり行天さん最高でした。
彼の人を食ったような飄々とした言動が大好きです。
はるの出生に関するエピソードもツボです。
まほろ市のモデルとなった場所は個人的に縁のある地でもあるので、そういった意味でも楽しめます。
『コーヒーの神殿 アポロン』にも行ったことがあります。文中の描写通りものすごい店。

今回改めて読んでみて、柴田よしきさんの私立探偵・麻生、又は花ちゃんシリーズとちょっと似てるような気がした。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 三浦しをん |
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links