memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
# のぼうの城
評価:
和田 竜
小学館
¥ 1,575
(2007-11-28)

内容(「BOOK」データベースより
 時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。


戦国モノってあんまり読まないから、普段使わない脳みそ使って読んだ気がする。
2009年本屋大賞2位ののぼうの城です。表紙はオノナツメさん。ずっと気になっててやっと読めました。
戦国の男たちって今じゃ考えられない程、義とプライドを重んじる人間なんですね。今日まで世界中のあらゆる場所で戦争は行われてきたと思うけど、日本の戦国武将みたいな人ってほとんどいないと思うよ。

実は半分くらいまであんまり面白くなくて、投げようかと思った。でも忍城での戦が始まってからは楽しくなって、すごい勢いで読んだ。
のぼう様もさることながら、その臣下の丹波と和泉と靱負が…!この三人の、石田の大軍勢との対峙がかっこよかった!
ちっちゃいのに強くて頭が良くてツンデレ(?)な 靱 負 が 好 き だ !かわいい!

でも正直「本屋大賞2位?」って首を傾げたんだけど、この評価の高さは歴史ブームの所為?
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 和田竜 |
Selected Entry
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links