memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
# 迷宮百年の睡魔
評価:
森 博嗣
新潮社
---
(2003-06-27)

内容(「BOOK」データベースより)
一夜にして森が消え、周囲が海になってしまった伝説の島イル・サン・ジャック。ミチルとロイディがこの島の宮殿モン・ロゼを訪れた夜、曼陀羅の中で首を落とされた僧侶の死体が見つかる。いったい誰が頭を持ち去ったのか。かつてある街の塔で出会った美しい女王と、ミチルの謎は解かれ、そして、新たな謎へと引き継がれていく…。


『女王の百年密室』がおもしろすぎたので、その勢いで続編にあたるこれも読みました。
今回の舞台のイル・サン・ジャックのモデルはやっぱりモン・サン・ミッシェル?恐らく百年後のモン・サン・ミッシェルを舞台に、再び『女王』のときのように閉鎖されたコミュニティで発生した事件をミチルとロイディが解決するお話です。前作よりもミチルとロイディの関係がより親密になっているように感じた。ミチルとロイディが相互に影響し合ってる。
おもしろかったけど、どちらかというと、『女王』のほうが好きかな。ていうか今作はそもそも殺人事件ですらないというか…(笑)いや、いいんだけど。
読みながら色々と謎が明かされて驚かされることももちろん多かったので、充分楽しめました。前作に引き続いて人間とは何か生きるとは何か?と常に問うているのも良かったです。ミステリとしても楽しめるし、色々考えさせられるところも多い。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 森博嗣 |
# 女王の百年密室
内容(「BOOK」データベースより)
2113年の世界。小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルと、同行していたロイディは、森の中で孤絶した城砦都市に辿り着く。それは女王デボウ・スホに統治された、楽園のような小世界だった。しかし、祝祭の夜に起きた殺人事件をきっかけに、完璧なはずの都市に隠された秘密とミチルの過去は呼応しあい、やがて―。神の意志と人間の尊厳の相克を描く、森ミステリィの新境地。


初めての森博嗣さん!読んだのは単行本版のほう。
装丁と「女王」「百年」「密室」っていう言葉の並びがツボ。ミステリ好きの心をくすぐる。
ミチルとロイディの設定が、BL的にものすごくおいしい設定だったので、穿った読み方ばっかりしてました(最低)。序盤のちょっとわがままになってるミチルとか、ロイディをいじめるミチルとか、すごく良かったです。でもその辺(当たり前だけど)狙いすぎず、な適度なとこが良かった。
肝心な内容のほうは、森博嗣さんは人気があるので結構期待してたんだけど、その期待を上回るおもしろさだった!現在から約百年後の世界で、約百年間外界と隔絶された女王が統治するコミュニティ、っていう設定が好きすぎる。
人間の生死に関する議論もすごく興味深かった。どうして生きているのかどうして死ぬのかどうして人を殺すのか。
好きな箇所があったので抜粋。「生きることは、それほど難しいことでもないのに、何故ここまで難しくしてしまう機構が生まれたのか。何のために、生きること以外の、あるいは以上の営みをするのか。頭脳の肥大化の目的は何なのか。生を越えて、それが求めるものは何だろう。どこを目指しているのだろう」一個の人間を形成するシステムの複雑さへの不可解を問い、更にその問いを発しているのはその人間自体である、というクラインの壺のような(メビウスの輪のような)表裏のない、境界線のない疑問を提示している部分が好きだった。どこまでが自分か、どこからが他人かという問いにも似てる気がする。そういえば本文中に、どこまでの事象を自分に関わる個人的なこととして処理するか、どこからを他人事として処理するか。その境界線を決めるのも自分で、それが人間の尊厳だ。とか言ってる部分もあった気がする。確かにその線引きって、普段何気なくやってしまってるけど、よく考えると自分と全く関係ないことなんてこの世に有り得ないしね。なんか哲学的…!

続編も出てるので読みまーす!今更森さんにはまりそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 森博嗣 |
Selected Entry
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links