memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
# 八日目の蝉
評価:
角田 光代
中央公論新社
¥ 1,680
(2007-03)

内容(「BOOK」データベースより)
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。 


不倫相手の赤ちゃんを誘拐してしまった希和子と、誘拐された子ども薫(恵理菜)が成長したその後の話。
誘拐事件そのものは一章で終わりを迎えるけど、一章は加害者サイド(希和子)の視点で語られているから、被害者である恵理菜とその家族の話を二章で読んで、初めてその全貌が明るみになる感じ。
おもしろかったなー。女性におすすめ。非日常が描かれているのに、登場人物に共感できる部分が多い。

二章が若干百合ぽくてちょっと焦ったw
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 角田光代 |
Selected Entry
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links