memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
# ドグラ・マグラ (下)
評価:
夢野 久作
角川書店
¥ 620
(1976-10)

出版社/著者からの内容紹介
昭和十年一月、書下し自費出版。狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に著者の思想、知識を集大成する。“日本一幻魔怪奇の本格探偵小説”とうたわれた、歴史的一大奇書。(なだいなだ)


上巻を読み始めてから一年近くかかってやっと読み終わりました。
本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす、とか言われてるけど、私は今のところは大丈夫。
とにかくすごい本を読んだ、という感覚があって、でもその内容は?と聞かれるとうまく答えられない。これは読まないとわからない。
内容も文章も難解でなかなか読み進まなかったけど、下巻の半分くらいからはほとんど一気に読んだ。いちばん読みづらかったのは如月寺の上人の手記の部分。泣きそうなほど意味がわからなかった…!
おおまかな流れは理解できたけど、これはやっぱり一度読んだくらいじゃ詳細な理解は得られないと思ったのでまた近いうちに再読するつもり。

著作権が消滅し、青空文庫さんで読めるみたいなので興味のある方はどうぞ。でもこれをネットで読むのはちょっとキツい気がするなぁ。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 夢野久作 |
# ドグラ・マグラ (上)
評価:
夢野 久作
角川書店
¥ 540
(1976-10)

とりあえず上巻読了。
の、脳髄…胎児の夢…
地の物語(?)と論文やら何やらがあって非常に読みづらいです。
ちょっと私のアンポンタンポカンな頭ではわからないので、再読の必要がありそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 夢野久作 |
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links