memo

本と映画。腐女子なので感想にBL表現まじります。そのあたりご了承のうえどうぞ。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | category: - |
<< 星の王子さま | main | 谷崎潤一郎 >>
# 悪人
評価:
吉田 修一
朝日新聞社
¥ 1,890
(2007-04-06)

内容(「BOOK」データベースより)
保険外交員の女が殺害された。捜査線上に浮かぶ男。彼と出会ったもう一人の女。加害者と被害者、それぞれの家族たち。群像劇は、逃亡劇から純愛劇へ。なぜ、事件は起きたのか?なぜ、二人は逃げ続けるのか?そして、悪人とはいったい誰なのか。


祐一がすごくかわいくてツボった。
群像劇+クライムミステリー。おもしろかった。この話をもっと非情にしたのが「決壊」かも。ちょっと似てる。個人的にはどちらかというとより惨い「決壊」のほうが好き。悪趣味!
悪人とはいったい誰なのか。「……でもさ、どっちも被害者にはなれんたい」という祐一の言葉に全て集約されている。悪人というのは、結局人が作るものなんだろうと思う。
吉田修一さんの他の作品も読みたい。
| comments(0) | trackbacks(0) | category: 吉田修一 |
# スポンサーサイト
| - | - | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aurigae.jugem.jp/trackback/158
トラックバック
Selected Entry
MONOCLIP
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links